JADA公認SBT®3級ライセンス講座【東京】

〜 脳力開発トレーニングで、しなやかで折れない心を手に入れよう! 〜

ヤル気が起こらない、弱気になってしまう、すぐに諦めてしまう、ストレスを過敏に感じてしまう、夢や目標が見つからない、などなど..、
このようなことで、お悩みの方、お困りの方は必見!

ビジネス、スポーツ、受験のほか、実生活のあらゆる場で有効活用できるSBT®スーパーブレイントレーニングで、しなやかで折れない心を手に入れましょう!!

講演内容


苦手意識・イライラ・不安・緊張を感じる、気が乗らないなどのネガティブな感情の状態を、自在にポジティブに切り替えられると楽ですよね。これを可能にするのが、脳科学に基づいた『SBTスーパーブレイントレーニング®』です!

一例をあげると、駒大苫小牧高校の夏の甲子園大会優勝、タカマツペアのリオ五輪金メダル、どちらも数々のピンチを切り抜けて見事、優勝を果たしました。そのピンチを脱する支えとなったのが、実はSBT®だったのです。他にも、数多くの日本人トップアスリートがこぞってSBT®を学び、成果をあげています。そして、今やTOKYO 2020を目指し、実践するアスリートがさらに増えつつあります!

効果が図れるのは、何もスポーツの世界だけではありません。ビジネスや受験、さらには家族・親戚・親子関係、友人関係の他、ストレスに悩む方、子育てに悩む方、介護に疲れている方など、年齢性別、個人・チームを問わず、多種多様なケースに役立つトレーニング理論なのです。

その理論や心理的なスキルを『自己分析・目標設定・セルフコントロール・イメージトレーニング・リラックス法』の5つのカテゴリーから総合的に学習し、”しなやかで折れない心”を手に入れましょう!
メンタルトレーニングの資格「SBT®3級ライセンス資格」も取得できますよ。
SBT®にご興味のある方はぜひ、奮ってご参加ください。

<お支払い方法>
・クレジットカード決済:
以下URLからお申し込みください。
http://www.sanri.co.jp/sbt_license/

・Paypal決済あるいは銀行振込
以下の申し込みフォームからお申し込みください。


<講師紹介>
吉岡眞司
一般社団法人能力開発向上フォーラム代表理事
SBT®︎スーパーブレイントレーニング1級コーチ兼SBT®︎認定教室代表
日本アンガーマネジメント協会認定アンガーマネジメントコンサルタント

慶應義塾大学卒。大手鉄鋼会社で入社2年目から国家プロジェクトをマネジメント。その手腕を見込まれ、6年後に国内大手航空会社に転籍。営業・企画部門における管理職経験を経て、一社)能力開発向上フォーラムを創立、代表理事就任。

母校慶應義塾を始めとする各種教育機関での登壇、大手企業国内および在外支店での教育研修のほか、企業や学校などの組織やチーム、受験生やアスリートなどの個人にメンタルトレーニングの指導を行う。

大脳生理学と行動・認知心理学に裏付けられた『ネガティブな感情を、意図的に、ポジティブに変えることのできる“再現性のあるアプローチ理論”』を、コーチングの手法にて伝える指導スタイルに定評がある。

ストレス軽減対策、本番で持てる力を最大限に発揮できるメンタルの形成、目標達成をめざす個人や組織・チームの風土改革や業績改善、そして偏差値50以下の受験生への指導や超難関校への合格実績等で驚くべき成果をあげている。

講演情報

開催日時 2018-12-17 09:30:00~2018-12-17 16:30:00
講師 吉岡眞司
受講料 32,400 円
定員 8
開催場所 東京都渋谷区桜ヶ丘23-21 渋谷区文化総合センター大和田2F学習室7
アクセス地図

氏名

必須
 
(例:山田 太郎、Jhon Smith)
※必ず漢字、またはアルファベットでご入力下さい。
※英語名入力の際はラストネーム ミドルネーム ファーストネームの順でご入力ください。

氏名(カナ)

必須
 
(例:ヤマダ タロウ)
※必ずカタカナでご入力下さい。

生年月日


性別


メールアドレス

必須
確認のためもう一度入力してください

携帯電話番号

必須
(例:0333455550)
※ハイフンなしでご入力下さい。

ご住所


※ハイフンなしでご入力下さい。
都道府県
市区町村番地
建物名(ビル・マンション名)

お申込み

必須
※本講座の受講にはJADA協会への入会が必須となります。
※入会・未入会のご確認はJADA協会(0547-34-1177)までお問合せ下さい。
※非会員にてお申込みの方は32400円(税込)の中に年会費(6000円+税)が含まれております。


支払い方法

必須

利用規約のご同意

必須

JADA協会公認 SBT講座 受講規約
JADA(日本能力開発分析)協会(以下甲という)と受講申込者(以下乙という)は本日下記内容の受講契約を締結致します。

第1条(乙が受講生となりうる条件)
本講座の案内書類に記載されている講座受講によりその研修を目的としている方。
他の受講生および甲の関係者に伝染するおそれのある法定伝染病等の疾病を持っていない方。
未成年者は保護者の同意書が必要になります。

第2条(講座内容)
甲は、乙に対しメンタルトレーニング法習得のための「講座」を実施するものと致します。

第3条(契約の成立)
本契約は、乙が甲に講座受講申込書を提出し、講座受講料の支払い完了を甲が確認した日に成立するものとします。

第4条(受講形態・方法)
1.SBT3級ライセンス講座は通学座学になっております。
講座はあらかじめ決められた日時に、教室にて講師の指導によって行われますので、乙は必ず所定の時間に来校し、講座を受講するようにして下さい。

2.SBT2級ライセンス講座は通学講座または通信講座になっております。

3.アドバンス講習は、通学座学になっております。各教室にて受講して下さい。

第5条(受講契約期間)
講座により時間・曜日・場所が異なりますので事前に案内をご確認下さい。

第6条(受講資格)
1.SBT3級ライセンス講座
JADA(日本能力開発分析)協会の会員であること。

2.SBT2級ライセンス講座
「SBT3級ライセンス講座」を受講し、3級ライセンスを取得したJADA協会の会員であること。

3.アドバンス講習
「SBT3級ライセンス講座」を受講し、JADA(日本能力開発分析)協会の会員であること。

第7条(受講料)
1.SBT3級ライセンス講座
一般:30,000円(税別)
  (JADA協会への入会金も含まれます)
JADA会員:25,000円(税別)
再受講:10,000円(税別)

2.SBT2級ライセンス講座
3級ライセンス認定者:90,000円(税別)
再受講:10,000円(税別)

3.アドバンス講習
3級ライセンス認定者:13,000円(税別)+教材費

第8条(受講料お支払い方法)
受講料はクレジット払いもしくは銀行振り込みとなります。尚、振込手数料は乙の負担となります。

第9条(定員)
講座は定員になり次第締め切りとさせて頂きます。

第10条(受講契約の解除)
1.開講前に受講契約を解除する場合には、以下の基準を適用します。
(1)SBT3級ライセンス講座・SBT2級ライセンス講座
①開講14日前~4日前までの申し出については、乙の支払った受講料の20%を控除し、併せて返金時の振込手数料を差し引いた金額を返還します。
②開講3日前~当日までの申し出については、乙の支払った受講料の50%を控除し、併せて返金時の振込手数料を差し引いた金額を返還します。
③甲への連絡なしに講座に参加されなかった場合については、受講料の100%をキャンセル料とし、返金の対象とはなりません。
(2)アドバンス講習
各教室の規定に従うものとする。

2.甲は、次の各号の1つに該当するときは、受講契約を解除することができます。この場合、講座受講料は返金しません。
(1)乙が犯罪行為、反社会的行為または著しく公序良俗に反する行為をしたとき。
(2)乙が受講中に講師の指示に従わず、または講座の進行に支障を及ぼすなど、乙の受講が適切でないと講師が判断したき。

第11条(受講の振替)
1.SBT3級ライセンス講座
特別な場合を除き、振替受講はできません。

2.SBT2級ライセンス講座
(1)認定コーチが開催する2級ライセンス講座に参加する場合のキャンセル料に関しては、各認定コーチが定める規定に従うものとする。
(2)座学講座に参加できなくなった場合、通信講座に変更することも可能とする。その場合、返金はありません。

3.アドバンス講習
各教室の規定に従うものとする。

第12条(守秘義務)
講座内容のノウハウについては、許可なく開示、漏洩、使用することはできません。

第13条(著作権)
講座に関する著作権は、甲または使用するテキストや資料等の作成者に帰属します。配布するテキスト、その他一切の教材の複写複製または他での使用はできません。
1.乙は、講座内容を録画・録音することはできません。録画・録音に関して特別に許可があった場合でも、それを複写複製、または他で使用することはできません。
2.乙は講座の具体的な内容をインターネットや出版物等を通じ公表することはできません。

第14条(活動範囲の制限)
SBT3級ライセンス、SBT2級ライセンス取得後、講座を開催することはできません。指導資格はありません。

第15条(情報保護)
甲は、本講座に関連して収集した情報については、個人情報保護法を遵守し、適切に取り扱います。
乙は、本講座に関連して知り得た個人情報等を第三者に開示できません。

第16条(附則)
1.本契約書に定める事項について疑義が生じた場合、その他契約に関して紛争が生じた場合は、協議の上、解決するものとします。
2.本契約の定めない事項については、民法その他の法令によるものとします。



同意する