JADA公認 SBT3級ライセンス講座 【京都】

『思っただけで成功する!』
そんなことができるなら誰も苦労はしないよと世の中の多くの人は
そう思っています。
しかし、『SBTでは成功するのは簡単』なのです!
その秘密を3級講座では公開致します。
上場企業経営者やオリンピックの金メダリストも
活用する国内No.1のメンタルトレーニング講座。
たった1日でその資格が取得できます。

スポーツ、ビジネス、受験に活用することができます。
3級資格取得後、さらに学びを深めることで
メンタルトレーニングの指導が行えるようになります。

講演内容


◆日時:12/27(木)10:30~16:30(昼休憩1時間含む)
開場は10:20~になります。

◆開催場所:長岡京市中央学習センター 4階 会議室1
http://www.bambio-ogbc.jp/access/
JR長岡京駅西口(京都から9分)から徒歩2分の場所で開催致します。


◆この講座では
上場企業経営者、オリンピックメダリストを始めとし、
国内No.1の指導実績を誇る『SBTメンタルトレーニング』の
基礎力である3つの力を学ぶことができます。

◆SBTスーバーブレイントレーニングって何?
大脳生理学と心理学に基づき、研究、確立した
脳から心を鍛えるメンタルトレーニングです。

◆こんな方におススメです。
・メンタルの弱さでのお悩みのスポーツ選手、指導者
・感情コントロールできなくて大事な場面でミスしてしまう方
・本番に弱い方
・マイナス思考で悪いことばかり考えてしまう方
・夢や目標が見えない方
・部下の育成でお困りの方
・子どもの才能を開花させたい方
・子どもやパートナーの目標達成をサポートしたい方

◆講座で得られるもの
・部下の育成や周りの人へのアドバイスができるようになります。
・営業職など仕事に結果が出せるようになります。
・就職活動に活かすことができます。
・競技力が上がり、結果へとつながります。プレッシャーに強くなります。
・指導者や選手の保護者が競技力を伸ばす効果的な指導が行えるようになります。
・子どもに適切なアドアイスができます。
・受験、子育てなど家族に役立ちます。
・夢や目標が明確になります。

◆SBT3級認定資格取得講座の特徴
1.講師から実践的なノウハウやスキルが学べる!
2.ビジネス・スポーツ・教育すべてに活用できる!
3.能力が飛躍的に伸びる、結果につながる!
4.夢や目標を明確に描ける専用ワークブック付き!
5.能力開発CDで何度でも何処でもメントレ可能!
6.心理分析検査付きで今の自分のプラス思考がわかる!
7.更に深く学べる2級・1級資格にステップアップ可能!

◆講座内容
【気づく】 脳のしくみ SBTとは
      心理分析検査
【Step1】 成功者に共通する能力とは?
      目標達成のイメージ法
【Step2】 持っている力を十分に発揮するには
      本番力を高めるメンタルトーニング
【Step3】 逆境に打ち勝ち、限界を超えるには
      壁を乗り越え挑戦し続ける
【実践】 最強プラス思考の作り方
      3つの脳力を高める

最後にランセンス取得試験があります。

◆3級取得後は2級講座、1級講座に進むことができます。
1級取得後はSBTの指導が行えるようになります。

【講師】髙坂福美(こうさかふくみ)
SBTスーパーブレイントレーニング1級コーチ
国際コーチ連盟認定コーチ(ACC)

講演情報

開催日時 2018-12-27 10:30:00~2018-12-27 16:30:00
講師 髙坂 福美
受講料 32,400 円
定員 9
開催場所 京都府長岡京市神足2丁目3番1号 中央生涯学習センター 会議室1
アクセス地図

氏名

必須
 
(例:山田 太郎、Jhon Smith)
※必ず漢字、またはアルファベットでご入力下さい。
※英語名入力の際はラストネーム ミドルネーム ファーストネームの順でご入力ください。

氏名(カナ)

必須
 
(例:ヤマダ タロウ)
※必ずカタカナでご入力下さい。

生年月日


性別


メールアドレス

必須
確認のためもう一度入力してください

携帯電話番号

必須
(例:0333455550)
※ハイフンなしでご入力下さい。

ご住所


※ハイフンなしでご入力下さい。
都道府県
市区町村番地
建物名(ビル・マンション名)

お申込み

必須
※本講座の受講にはJADA協会への入会が必須となります。
※入会・未入会のご確認はJADA協会(0547-34-1177)までお問合せ下さい。
※非会員にてお申込みの方は32400円(税込)の中に年会費(6000円+税)が含まれております。


支払い方法

必須

利用規約のご同意

必須

JADA協会公認 SBT講座 受講規約
JADA(日本能力開発分析)協会(以下甲という)と受講申込者(以下乙という)は本日下記内容の受講契約を締結致します。

第1条(乙が受講生となりうる条件)
本講座の案内書類に記載されている講座受講によりその研修を目的としている方。
他の受講生および甲の関係者に伝染するおそれのある法定伝染病等の疾病を持っていない方。
未成年者は保護者の同意書が必要になります。

第2条(講座内容)
甲は、乙に対しメンタルトレーニング法習得のための「講座」を実施するものと致します。

第3条(契約の成立)
本契約は、乙が甲に講座受講申込書を提出し、講座受講料の支払い完了を甲が確認した日に成立するものとします。

第4条(受講形態・方法)
1.SBT3級資格取得講座は通学座学になっております。
講座はあらかじめ決められた日時に、教室にて講師の指導によって行われますので、乙は必ず所定の時間に来校し、講座を受講するようにして下さい。

2.SBT2級資格取得講座は通学講座または通信講座になっております。

3.アドバンス講習は、通学座学になっております。各教室にて受講して下さい。

第5条(受講契約期間)
講座により時間・曜日・場所が異なりますので事前に案内をご確認下さい。

第6条(受講資格)
1.SBT3級資格取得講座
JADA(日本能力開発分析)協会の会員であること。

2.SBT2級資格取得講座
「SBT3級資格取得講座」を受講し、3級資格を取得したJADA協会の会員であること。

3.アドバンス講習
「SBT3級資格取得講座」を受講し、JADA(日本能力開発分析)協会の会員であること。

第7条(受講料)
1.SBT3級資格取得講座
一般:30,000円(税別)
  (JADA協会への入会金も含まれます)
JADA会員:25,000円(税別)
再受講:10,000円(税別)

2.SBT2級資格取得講座
3級資格認定者:90,000円(税別)
再受講:10,000円(税別)

3.アドバンス講習
3級資格認定者:13,000円(税別)+教材費

第8条(受講料お支払い方法)
受講料はクレジット払いもしくは銀行振り込みとなります。尚、振込手数料は乙の負担となります。

第9条(定員)
講座は定員になり次第締め切りとさせて頂きます。

第10条(受講契約の解除)
1.開講前に受講契約を解除する場合には、以下の基準を適用します。
(1)SBT3級資格取得講座・SBT2級資格取得講座
①開講14日前~4日前までの申し出については、乙の支払った受講料の20%を控除し、併せて返金時の振込手数料を差し引いた金額を返還します。
②開講3日前~当日までの申し出については、乙の支払った受講料の50%を控除し、併せて返金時の振込手数料を差し引いた金額を返還します。
③甲への連絡なしに講座に参加されなかった場合については、受講料の100%をキャンセル料とし、返金の対象とはなりません。
(2)アドバンス講習
各教室の規定に従うものとする。

2.甲は、次の各号の1つに該当するときは、受講契約を解除することができます。この場合、講座受講料は返金しません。
(1)乙が犯罪行為、反社会的行為または著しく公序良俗に反する行為をしたとき。
(2)乙が受講中に講師の指示に従わず、または講座の進行に支障を及ぼすなど、乙の受講が適切でないと講師が判断したき。

第11条(受講の振替)
1.SBT3級資格取得講座
特別な場合を除き、振替受講はできません。

2.SBT2級資格取得講座
(1)認定コーチが開催する2級講座に参加する場合のキャンセル料に関しては、各認定コーチが定める規定に従うものとする。
(2)座学講座に参加できなくなった場合、通信講座に変更することも可能とする。その場合、返金はありません。

3.アドバンス講習
各教室の規定に従うものとする。

第12条(守秘義務)
講座内容のノウハウについては、許可なく開示、漏洩、使用することはできません。

第13条(著作権)
講座に関する著作権は、甲または使用するテキストや資料等の作成者に帰属します。配布するテキスト、その他一切の教材の複写複製または他での使用はできません。
1.乙は、講座内容を録画・録音することはできません。録画・録音に関して特別に許可があった場合でも、それを複写複製、または他で使用することはできません。
2.乙は講座の具体的な内容をインターネットや出版物等を通じ公表することはできません。

第14条(活動範囲の制限)
SBT3級資格、SBT2級資格取得後、講座を開催することはできません。指導資格はありません。

第15条(情報保護)
甲は、本講座に関連して収集した情報については、個人情報保護法を遵守し、適切に取り扱います。
乙は、本講座に関連して知り得た個人情報等を第三者に開示できません。

第16条(附則)
1.本契約書に定める事項について疑義が生じた場合、その他契約に関して紛争が生じた場合は、協議の上、解決するものとします。
2.本契約の定めない事項については、民法その他の法令によるものとします。



同意する